短期でも取れる国家試験|資格を取得して整体師になろう|感謝される仕事
レディ

資格を取得して整体師になろう|感謝される仕事

  1. ホーム
  2. 短期でも取れる国家試験

短期でも取れる国家試験

男女

資格の概要

視能訓練士は厚生労働省によって認定される国家資格です。合格率は9割程度と高く、通学期間も一年からとなっており、比較的挑戦しやすい資格と言えます。視能訓練士は、医師の指示によって眼の働きを回復させる為に、目の訓練や矯正を行ったり、検査を実施することが仕事です。また、目に障害を負った方のリハビリにも携わります。給与は平均年収350万円とされますが、就労機関によって割と大きな差になるようです。近頃ではレーシック手術や白内障治療などの増加に伴い、需要が増している職種です。医療関係の国家資格ということですが、短期間で取得可能となっていますし夜間学校にも通えます。この為、転職を考えたり、将来に備えるために働きながら取得する事も可能となっています。

どうやって取得するのか

視能訓練士になるには視能訓練士国家試験に受験し、合格する必要があります。この試験には受験資格があり、3つのパターンで、その受験資格を手に入れることができます。まず、最終学歴が高校卒業の方は、視能訓練士養成所施設に入所し3年間学ぶと言う選択肢があります。短大卒以上の場合は養成所施設に1年入所することで、受験資格を手に入れられます。また、外国の養成所施設を卒業し、視能訓練士の資格を取った人については、日本の養成所施設で学んだのと同じ以上の技能が有ると厚生労働大臣が認めれば、試験を受けることが出来ます。試験内容は基礎医学大要や視能矯正学などが出題されます。養成所施設は全国各地の専門学校や大学などに専用の学科やコースが設けられていますので、それらに通うのが一般的な方法となっています。