障がいのある人の強い味方|資格を取得して整体師になろう|感謝される仕事
レディ

資格を取得して整体師になろう|感謝される仕事

  1. ホーム
  2. 障がいのある人の強い味方

障がいのある人の強い味方

中年男性

手となり足となる仕事

世の中には先天的に、または後天的に障がいがある人たちがいて、そんな人たちが不自由を感じることなく生活できるようにと日々頑張っている職業の人たちがたくさんいます。障がいがある人の強い味方と言えば養護学校の先生です。養護学校の先生は障がいのある子どもたちが将来大きくなって社会に出た時に困らないようにいろいろなことを教えてあげるのが仕事です。障がいのある人が普通に生活できるのはある意味こういった先生がいるからと言っても過言ではないです。ほかにも、義肢装具士も障がいがある人たちにとってはなくてはならない存在です。義肢装具士は手足がない人たちのために義手や義足を作ってあげる職人さんのことで、これがあるのとないのとでは生活の質がかなり変わります。それは運動機能を高めることももちろんですが、義手や義足があることによってパッと見た時にその人が障がいがあるということが分かりにくくなるので周囲の目を気にする必要がなく、のびのびと生活することにつながります。

専門学校に行くのがベター

この義肢装具士として一人前になるためには現職の職人さんのもとに弟子入りをして何年も修業をする必要がありますが、それ以前にまずは国家試験をパスしなければいけません。いろいろな経験をへて義肢装具士を目指すと決心した時、その夢を実現させる確率が最も高い方法が義肢装具士の専門学校に入学することです。国家試験の受験資格を得るためのルートにはいろいろなパターンがあるにはあるのですが、先々のことを考えると専門学校がベターです。専門学校に行くことで、義肢装具士に求められるさまざまな知識や技術をむらなく学べるからです。義肢装具士である以上、作成に使用する道具や材料に関して熟知していなければならないのは当然として、身体の一部を作るわけですから医学的・生物学的な知識もやはり重要です。これらの大切な情報を余すところなく身に付けられるのが専門学校の大きな強みで、さらには国家試験の対策もしてくれますから一石二鳥と言えます。